Style of SAYLOR

01

堀内 直樹

高松本社第一営業部 課長
アカウントエグゼクティブ

晴時々曇、所により一時雨。

セーラー広告への入社の決め手は?

上場企業であり、中四国エリアを中心としながらも、東京や福岡などの大都市圏にも多くのクライアントを持っていること。何より様々なメディアを取り扱うことができる総合広告代理店という点に魅力を感じました。

現在の仕事内容は?

TV、ラジオ、雑誌、新聞といったマスメディアをはじめ、チラシやDM、パンフレット制作、商品開発、イベント企画、コンサルティング的なことまで、様々な仕事をしています。クライアントの課題解決に適した広告戦略を実行し、クライアントやその先の一般消費者にインパクトを与えるような仕事がしたいと考えています。

この仕事のやりがい、難しさは?

自分の関わった広告や制作物を通じて、人の考えや行動を変えることができた時、やりがいを感じます。デジタルメディアが普及した最近では、多様化するニーズに対応するべく、日々、情報収集が欠かせません。

Style of SAYLOR
Style of SAYLOR

セーラー広告への入社の決め手は?

上場企業であり、中四国エリアを中心としながらも、東京や福岡などの大都市圏にも多くのクライアントを持っていること。何より様々なメディアを取り扱うことができる総合広告代理店という点に魅力を感じました。

現在の仕事内容は?

TV、ラジオ、雑誌、新聞といったマスメディアをはじめ、チラシやDM、パンフレット制作、商品開発、イベント企画、コンサルティング的なことまで、様々な仕事をしています。クライアントの課題解決に適した広告戦略を実行し、クライアントやその先の一般消費者にインパクトを与えるような仕事がしたいと考えています。

この仕事のやりがい、難しさは?

自分の関わった広告や制作物を通じて、人の考えや行動を変えることができた時、やりがいを感じます。デジタルメディアが普及した最近では、多様化するニーズに対応するべく、日々、情報収集が欠かせません。

02

片山 大典

高松第一コミュニケーションデザイン室 係長
アートディレクター

仕事も遊びも
本気でやるから面白い。

もっとも思い入れのある仕事は?

ある公営ギャンブルの年間広告に携わった経験が、一番思い入れがあります。セーラー広告は地方の広告代理店でありながら、全国的にみても大きなコンペに参加する資格も持っていますので、誰もが知る“あの広告”を手がけることも夢ではありません。

セーラー広告の魅力は?

ズバリ、人だと思います。営業やプランナーもそうですが、クライアントだけではなくて、一緒にクライアントの課題解決に取り組むチームメンバーのことも大切に考え接しています。関わる全ての人たちと信頼関係を築くことができれば、おのずと広告のクオリティは高まり、広告効果につながります。

学生へのメッセージを!

クリエイターを目指しているのであれば、ある程度、“とんがっている”ほうが良いと思います。ただ、人の話を聞かないこととは意味が違います。人の話を聞き入れ、自分なりに消化して、新たな発想を膨らませる。謙虚な姿勢が大切な仕事です。

Style of SAYLOR
Style of SAYLOR

もっとも思い入れのある仕事は?

ある公営ギャンブルの年間広告に携わった経験が、一番思い入れがあります。セーラー広告は地方の広告代理店でありながら、全国的にみても大きなコンペに参加する資格も持っていますので、誰もが知る“あの広告”を手がけることも夢ではありません。

セーラー広告の魅力は?

ズバリ、人だと思います。営業やプランナーもそうですが、クライアントだけではなくて、一緒にクライアントの課題解決に取り組むチームメンバーのことも大切に考え接しています。関わる全ての人たちと信頼関係を築くことができれば、おのずと広告のクオリティは高まり、広告効果につながります。

学生へのメッセージを!

クリエイターを目指しているのであれば、ある程度、“とんがっている”ほうが良いと思います。ただ、人の話を聞かないこととは意味が違います。人の話を聞き入れ、自分なりに消化して、新たな発想を膨らませる。謙虚な姿勢が大切な仕事です。

04

山下 夏生

高松本社第三営業部
アカウントエグゼクティブ

生まれ育った岡山と
縁があって来た香川。

セーラー広告への入社の決め手は?

何気ない日々に、刺激や潤いを与えるような何か、心を動かす何かをつくる仕事がしたい。そう思っていた私は、縁あってセーラー広告と出会い、直感で「入社したい!」と思いました。地域の企業様とのつながりが強くて、一緒に地域を盛り上げていこうという雰囲気を感じたのが決め手です。

入社前と入社後のギャップは?

2次選考からインターンシップを導入しているセーラー広告。お客様先に同行させていただき、自分の目で仕事の流れを経験していたことで、入社後のギャップを感じることはありませんでした。

営業職として思い入れのあるお客様は?

初受注は、文具店様のセールチラシ制作のお仕事でした。その文具店様には週に2回は足を運び、いろいろとお話をさせていただきながら、今ではWEB広告も実施してもらえるように。「提案してくれてありがとう!」と言ってもらえて、とても嬉しかったです。

Style of SAYLOR
Style of SAYLOR

セーラー広告への入社の決め手は?

何気ない日々に、刺激や潤いを与えるような何か、心を動かす何かをつくる仕事がしたい。そう思っていた私は、縁あってセーラー広告と出会い、直感で「入社したい!」と思いました。地域の企業様とのつながりが強くて、一緒に地域を盛り上げていこうという雰囲気を感じたのが決め手です。

入社前と入社後のギャップは?

2次選考からインターンシップを導入しているセーラー広告。お客様先に同行させていただき、自分の目で仕事の流れを経験していたことで、入社後のギャップを感じることはありませんでした。

営業職として思い入れのあるお客様は?

初受注は、文具店様のセールチラシ制作のお仕事でした。その文具店様には週に2回は足を運び、いろいろとお話をさせていただきながら、今ではWEB広告も実施してもらえるように。「提案してくれてありがとう!」と言ってもらえて、とても嬉しかったです。

05

矢野 陽平

アド・セイル
アカウントエグゼクティブ

ブレない柔軟性。

広告業界のイメージは?

学生時代から広告雑誌を読むことが好きで、自然と広告業界に憧れを抱いていました。入社後は、岡山本社で2年、倉敷支社で1年、営業職として働いてきましたが、華やかなイメージの裏側にある、制作過程の苦労もある程度想像していましたので、ギャップはありませんでした。

思い入れのあるプロジェクトは?

倉敷市内にある6つの商業施設と協力して、子育て支援を目的としたイベント業務に携わりました。「地域をもっと盛り上げたい。倉敷を元気に。」をテーマにした地域振興プロジェクト。多くの地域の人たちの楽しんでいる姿を見ることができ、とても達成感を感じました。

セーラー広告の営業職のやりがいは?

予算やスケジュールなど、お客様の要望にこたえる難しさを日々実感していますが、自分一人で仕事をしているのではなく、社内外の様々な人たちと力を合わせて広告効果の最大化を目指しています。無事、狙ったような広告効果があり、お客様に喜んでいただけた時にはやりがいを感じます。

Style of SAYLOR
Style of SAYLOR

広告業界のイメージは?

学生時代から広告雑誌を読むことが好きで、自然と広告業界に憧れを抱いていました。入社後は、岡山本社で2年、倉敷支社で1年、営業職として働いてきましたが、華やかなイメージの裏側にある、制作過程の苦労もある程度想像していましたので、ギャップはありませんでした。

思い入れのあるプロジェクトは?

倉敷市内にある6つの商業施設と協力して、子育て支援を目的としたイベント業務に携わりました。「地域をもっと盛り上げたい。倉敷を元気に。」をテーマにした地域振興プロジェクト。多くの地域の人たちの楽しんでいる姿を見ることができ、とても達成感を感じました。

セーラー広告の営業職のやりがいは?

予算やスケジュールなど、お客様の要望にこたえる難しさを日々実感していますが、自分一人で仕事をしているのではなく、社内外の様々な人たちと力を合わせて広告効果の最大化を目指しています。無事、狙ったような広告効果があり、お客様に喜んでいただけた時にはやりがいを感じます。

06

山瀨 正裕

岡山本社営業部
アカウントエグゼクティブ

とにかく楽しみたい。

セーラー広告への入社の決め手は?

学生時代から地域の役に立ちたいという強い地元志向と、大きな裁量で自由に仕事をしてみたいという2つの想いを持っていました。そこで地方に軸足を置き、中四国エリアではトップクラスの規模を持つセーラー広告を志望しました。

仕事のやりがいを感じる時は?

やはり成果が出て、お客様に喜んでいただいた時ですね。新規オープンした結婚式場のプロモーション案件では、話題の芸能人を招いたオープニングイベントを開催しました。結婚を意識した若者をターゲットにしたWEB広告とSNSを連動させたイベント発信の企画提案がお客様に受け入れられ、実際に期待以上の成果を発揮することができて、お客様にも喜んでいただけました。

モチベーションの源は?

人に喜んでもらうことと、私自身がワクワクできることが仕事のモチベーションの源になっています。喜んでいただくのはお客様だけではなく、様々な協力業者の人たちにも一緒に喜んでいただける良好な関係性を築いていかなくてはなりません。そうした関係性の中から生まれる日々の新たな仕事と出会いにわくわくします。

Style of SAYLOR
Style of SAYLOR

セーラー広告への入社の決め手は?

学生時代から地域の役に立ちたいという強い地元志向と、大きな裁量で自由に仕事をしてみたいという2つの想いを持っていました。そこで地方に軸足を置き、中四国エリアではトップクラスの規模を持つセーラー広告を志望しました。

仕事のやりがいを感じる時は?

やはり成果が出て、お客様に喜んでいただいた時ですね。新規オープンした結婚式場のプロモーション案件では、話題の芸能人を招いたオープニングイベントを開催しました。結婚を意識した若者をターゲットにしたWEB広告とSNSを連動させたイベント発信の企画提案がお客様に受け入れられ、実際に期待以上の成果を発揮することができて、お客様にも喜んでいただけました。

モチベーションの源は?

人に喜んでもらうことと、私自身がワクワクできることが仕事のモチベーションの源になっています。喜んでいただくのはお客様だけではなく、様々な協力業者の人たちにも一緒に喜んでいただける良好な関係性を築いていかなくてはなりません。そうした関係性の中から生まれる日々の新たな仕事と出会いにわくわくします。

07

髙田 大三郎

愛媛コミュニケーションデザイン室 係長
プランニングディレクター/コピーライター

サービス精神。

セーラー広告への入社の決め手は?

世間で話題になるような面白い企画や広告を手がけたい。そんな思いを叶えるために、様々な広告賞の受賞歴を持つセーラー広告に入社しました。言葉のプロであるコピーライターとして仕事をする中で、広告のコンセプトを考えたり、プロモーションの企画を立てたり、いわゆるプランナーの仕事も幅広く手掛けています。

例えばどのような広告企画をカタチにしましたか?

あるクライアントのリクルートを目的としたプロモーションを担当した時は、学生を中心に認知度アップを図るため、松山市の中央商店街をポスタージャックしました。芸能人を起用した企画だったのですが、諸事情により自ら芸能事務所へオファーし撮影をおこない、TVCMや街頭のデジタルサイネージにも広告を展開。結果、SNSでもたくさんの投稿が見られ、応募問い合わせ件数も対前年比で10倍以上の効果を得ることができました。

常々心がけていることはありますか?

自分が作った広告で、ちゃんと振り向いてもらえるか?自分の提案で、ワクワクした気持ちになってもらえるか?僕らのような何かを表現する仕事は、常に相手がどう思うかの視点が必要不可欠だと思います。基本はやはり、相手を喜ばせたいというサービス精神が大事で、それが面白い広告や熱意のある提案への原動力になると思っています。

Style of SAYLOR
Style of SAYLOR

セーラー広告への入社の決め手は?

世間で話題になるような面白い企画や広告を手がけたい。そんな思いを叶えるために、様々な広告賞の受賞歴を持つセーラー広告に入社しました。言葉のプロであるコピーライターとして仕事をする中で、広告のコンセプトを考えたり、プロモーションの企画を立てたり、いわゆるプランナーの仕事も幅広く手掛けています。

例えばどのような広告企画をカタチにしましたか?

あるクライアントのリクルートを目的としたプロモーションを担当した時は、学生を中心に認知度アップを図るため、松山市の中央商店街をポスタージャックしました。芸能人を起用した企画だったのですが、諸事情により自ら芸能事務所へオファーし撮影をおこない、TVCMや街頭のデジタルサイネージにも広告を展開。結果、SNSでもたくさんの投稿が見られ、応募問い合わせ件数も対前年比で10倍以上の効果を得ることができました。

常々心がけていることはありますか?

自分が作った広告で、ちゃんと振り向いてもらえるか?自分の提案で、ワクワクした気持ちになってもらえるか?僕らのような何かを表現する仕事は、常に相手がどう思うかの視点が必要不可欠だと思います。基本はやはり、相手を喜ばせたいというサービス精神が大事で、それが面白い広告や熱意のある提案への原動力になると思っています。

08

白石 美樹

愛媛コミュニケーションデザイン室
デザイナー

例えるならキャベツ。

セーラー広告への入社の決め手は?

デザイナーに絞って行った就職活動。セーラー広告の説明会では、見たことのある広告の制作裏話なども聞けてとても興味が湧きました。何より先輩社員がイキイキとお話しする姿を見て、「ここで働きたい!」と思いました。2次選考のインターンシップでは、先輩社員に同行して動物園の広告企画を考えさせてもらうなど、実際に仕事を体験し、入社後の自分の姿をイメージすることができました。

思い入れのある仕事は?

入社2ヶ月目にして、先輩デザイナーと一緒にコンペ案件に挑戦。お米のキャラクターを提案し、採用していただきました。TVCMも放映されたり、スーパーの店頭POPにもなったり、世に出た時には本当に嬉しかったです。

私のキャッチコピー「キャベツ」とは?

自分にしっかりとした芯があること。あと、デザインに限らずイラストやTVCMのテロップなど、幅広い仕事を手がけたい、という思いを様々な料理に合うキャベツに込めました。これからもっと知識や経験を積んで、いろんな仕事に携わる万能デザイナーに成長していきたいと思っています。

Style of SAYLOR
Style of SAYLOR

セーラー広告への入社の決め手は?

デザイナーに絞って行った就職活動。セーラー広告の説明会では、見たことのある広告の制作裏話なども聞けてとても興味が湧きました。何より先輩社員がイキイキとお話しする姿を見て、「ここで働きたい!」と思いました。2次選考のインターンシップでは、先輩社員に同行して動物園の広告企画を考えさせてもらうなど、実際に仕事を体験し、入社後の自分の姿をイメージすることができました。

思い入れのある仕事は?

入社2ヶ月目にして、先輩デザイナーと一緒にコンペ案件に挑戦。お米のキャラクターを提案し、採用していただきました。TVCMも放映されたり、スーパーの店頭POPにもなったり、世に出た時には本当に嬉しかったです。

私のキャッチコピー「キャベツ」とは?

自分にしっかりとした芯があること。あと、デザインに限らずイラストやTVCMのテロップなど、幅広い仕事を手がけたい、という思いを様々な料理に合うキャベツに込めました。これからもっと知識や経験を積んで、いろんな仕事に携わる万能デザイナーに成長していきたいと思っています。

09

太田 穣

東京コミュニケーションデザイン課 主任
プランニングディレクター/コピーライター

#水玉系男子

セーラー広告への入社の決め手は?

学生時代にコミュニティFMのパーソナリティをさせてもらった経験があり、地域メディアに関わる仕事に興味がありました。中でも単独メディアに縛られず、幅広い広告を扱うことができる総合広告代理店を志望。セーラー広告への入社の決め手は、地域に根付いていることと自由な社風に惹かれたからです。

プランナーになるまでにどんな経験を?

入社後1年間は、営業職を経験し、2年目から企画・制作部へ異動。その後、デジタルマーケティング会社への出向も経験しました。広告企画を考える上で、営業的観点、マーケティング視点を持てることが自分の強みになっています。広告効果を出すためには、単にクライアントに言われた通りではなく、目的と手段をしっかりと見極め、実行することを大切に考えています。

セーラー広告のプランナーの役割とは?

マルの集合体がドットになるように、あらゆる広告手法の点と点を結んで効果を最大化することがプランナーの役割。まるでクライアント先の社員のように、ビジネスに深く関わり、長期的な広告戦略立案やその仕組みづくりまでサポートします。

Style of SAYLOR
Style of SAYLOR

セーラー広告への入社の決め手は?

学生時代にコミュニティFMのパーソナリティをさせてもらった経験があり、地域メディアに関わる仕事に興味がありました。中でも単独メディアに縛られず、幅広い広告を扱うことができる総合広告代理店を志望。セーラー広告への入社の決め手は、地域に根付いていることと自由な社風に惹かれたからです。

プランナーになるまでにどんな経験を?

入社後1年間は、営業職を経験し、2年目から企画・制作部へ異動。その後、デジタルマーケティング会社への出向も経験しました。広告企画を考える上で、営業的観点、マーケティング視点を持てることが自分の強みになっています。広告効果を出すためには、単にクライアントに言われた通りではなく、目的と手段をしっかりと見極め、実行することを大切に考えています。

セーラー広告のプランナーの役割とは?

マルの集合体がドットになるように、あらゆる広告手法の点と点を結んで効果を最大化することがプランナーの役割。まるでクライアント先の社員のように、ビジネスに深く関わり、長期的な広告戦略立案やその仕組みづくりまでサポートします。

ENTRY